受付時間

アクセス

白鴎大前接骨院 0285-38-6886

椎間板ヘルニア

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 病院でヘルニアと診断された
  • ヘルニアと診断されたが治すために手術はしたくない。
  • 下半身が痺れる
  • 子供がスポーツをしていて腰が痛くなった
  • 足の指、腰にしびれがある
  • 腰を前に屈めると痛い

椎間板ヘルニアとは?|白鷗大前接骨院

椎骨(背骨)は26個あります(頚椎7個 胸椎12個 腰椎5個 仙骨1個 尾骨1個)、その椎骨一個一個の間には衝撃を吸収してくれるクッションがあります。それが椎間板です。

重いものを持つ、歩く、走るなどの動作によって負荷がかかった時に不良姿勢であったり、体を支える筋力が弱かったりすることで衝撃を吸収してくれる椎間板に、より多くのストレスが集中します。

こうして椎間板の中にある髄核と呼ばれるゼリー状のものが飛び出します。その状態を椎間板ヘルニアと呼びます。

また、髄核が飛び出すことにより、神経が圧迫されしびれや、痛みを引き起こします。

椎間板ヘルニアが起こる原因|白鷗大前接骨院

椎間板ヘルニアが起こる原因は大きく分けて2つあります。1つ目は日頃の姿勢等によって少しずつダメージが蓄積されたことが原因のもの。

具体的には姿勢を支えるための筋肉(インナーマッスル)が弱くなることによって、普段から椎間板にストレスが加わりやすい姿勢が続き、悪い姿勢の状態で重いものを持ったり、スポーツをしたり、歩いたり、長い間座っていたりすることによって起こることや、加齢によって次第に椎間板が変性(組織がダメージを受け、元の性質とは違った性質になってしまうこと)により髄核が飛び出してしまうことが原因のものです。

2つ目は一回の衝撃で椎間板が脱出してしまうものです。

交通事故や、スポーツ中の転倒などの一度の外力が加わり髄核が脱出してしまうことが原因で、強力な力が急激に働いた時になるものです。

椎間板ヘルニアを放置しておく|白鷗大前接骨院

最初は少しの違和感やしびれが腰から足にかけてあったものが次第に夜眠れなくなるほどの痛みになったり、症状がさらに悪化していくと膀胱直腸障害と言って排便排尿が自分の意思でコントロールできなくなってしまう状態になることさえあります。

そうなった場合は緊急手術を余儀なくされます。手術にならない為にも早期の治療、予防が大切になってきます。

小山市でも多くの方々が椎間板ヘルニアで悩んでおり、当院に来院されています。

当院の椎間板ヘルニアに対しての治療方法とは??|白鷗大前接骨院

白鴎大前接骨院では今現在のお身体の悩みは日頃の生活習慣と食事からくるものであるという考えのもと、根本的に治すということを信念としております。

痛みや症状の改善はもちろんのこと、対処療法だけでなく、生涯にわたる健康をサポートするため骨格矯正、筋肉強化、生活習慣改善、食生活改善などに目を向け、生活の質を高めるための治療を提案させていただきます。

電気施術

当院の電気治療では電流による刺激を筋肉に流すことで、痛みの除去、血流の改善を目的としています。
ハイボルテージ療法、3D(立体動態波)、を駆使した痛みを取る治療により、より早く症状を改善していきます。

手技施術

椎間板ヘルニアでは症状としてシビレが出ることも多くあります。骨盤矯正を行い骨格の歪みを整え、筋肉調整で、筋肉のコリをほぐし、筋肉による圧迫や、背骨にかかるストレスを減らします。

筋肉強化

不良姿勢での作業によって起こりやすい椎間板ヘルニアですが、姿勢を支えてくれるのに一番重要なものが何かご存知ですか??ご存知の方も多いとは思いますが、姿勢を支えるために一番重要なものは筋肉です。筋肉は役割上大きく分けて2つあります。

体を動かすための筋肉(アウターマッスル)と体を支えるための筋肉(インナーマッスル)に分かれますが、ヘルニアにおいて予防していく、それから症状を悪化させない為にもインナーマッスルの強化が必要不可欠になってきます。

しかし、インナーマッスルの性質上効率よく自分で鍛えることは難しいです。

当院では楽トレという機械を使って効率よくインナーマッスルを鍛えることをオススメしています。

食事指導

我々の体は紛れもなく毎日口にする食物からできています。食べると体に害のあるものを知らずに食べていたり、筋肉を硬くしてしまったり、内臓が疲れやすい食生活のスタイルを無意識にしていませんか??体質改善していく上で避けては通れない食事の部分も指導させていただいております。

患者様の希望、悩みに合わせて施術プログラムの選択を行っていきますので、カウンセリング、説明の時間は多く取らせていただいております。

根本的に治したい方はもちろんのこと、一時的な症状の改善も得意としております。

椎間板ヘルニアでお困りの方、身体を一度診てもらいたい方は小山市の接骨院、白鴎大前接骨院にご相談ください。

お問い合わせ

白鴎大前接骨院

0285-38-6886

外観

住所
〒323-0041
栃木県小山市大行寺1029-1

当院までの詳しいアクセス方法はこちら

受付時間

ハーヴェストウォーク接骨院

0285-37-6424

外観

住所
〒323-0014
栃木県小山市大字喜沢1475

当院までの詳しいアクセス方法はこちら

受付時間