受付時間

アクセス

白鴎大前接骨院 0285-38-6886

TFCC損傷

こんな症状でお悩みではありませんか

  • タオルを絞ると手首が痛い
  • ドアノブなどを捻ると手首が痛い
  • 握手をすると手首が痛い
  • 腕立て伏せをすると手首が痛く腕立てができない

TFCC(三角線維軟骨複合体)とは?|白鷗大前接骨院

TFCC(三角線維軟骨複合体)は手首の小指側の位置にあり、腕の2つの骨(橈骨と尺骨)と手首の骨との間にあり、手首の小指側の安定性、支持性を与えています。

また、手首を捻る運動をした際の力の伝達・分散・吸収の役割があります。

損傷するとどうなるの?

タオルを絞ったり、ドアノブを回したりする動作や重い物を持つなどの際、また手首を小指側に倒す動きや手首を捻る際に痛みが生じます。更に進行していくと安静にしていても痛みが出てくるようになり、重症の場合は手首が痛みにより動かせなくなるケースもあります。

腱鞘炎とTFCC損傷の違いは?|白鷗大前接骨院

腱鞘炎とは

腱鞘という骨と筋肉をつないでいる腱を包み、腱が滑らかに動くよう支える滑車のような働きをする組織です。腱鞘炎とは、この腱鞘と腱がこすれ合って炎症を起こす病気です。

主に指の使い過ぎで起こることから、パソコンのキーボードやマウスなどで反復的な操作をしたり、スマホを長時間操作する人、ピアノなど指を多く使う楽器を演奏する人、グリップやボールなどを握るようなスポーツをする人などに多くみられます。

TFCC損傷とは

三角線維軟骨複合体と呼ばれる軟骨組織に亀裂や変性がみられ、腱ではなく軟骨が変性することで関節運動などで痛みが伴う状態のことを言う。

判断方法は?|白鷗大前接骨院

エコー(超音波)による検査や疼痛誘発テストによる理学所見で診断をします。
・TFCCへの圧痛
小指側の手首の出っ張りの疼痛とTFCCへの圧痛(押した時の痛み)があります。
・TFCCストレステスト
手関節を尺屈(小指側に屈曲)した状態で力を加えると痛みが誘発される。上記の他にも徒手検査をおこない判断していきます。

損傷する原因は?

原因はスポーツや転倒などで手を着き、手首に強い外傷で損傷する外傷型。日常や仕事などで手首の使いすぎなどで損傷してしまう変性型の2種類に分けられます。

外傷型はアスリート(野球、空手、ラグビー)に多くみられ、変性型は主婦や大工の方など細かい作業の繰り返しなどをよく行う方にみられます。

治療方法は?|白鷗大前接骨院

TFCC 損傷と診断された場合、初期治療としては安静、サポーターやテーピングを使った保存療法をやっていきます。

また、整形外科ではTFCC損傷に対して関節鏡を使った手術療法がありますが、一般的に4週間のギブス固定と3-4か月は強い負担は避ける形となります。

また、重度のTFCC損傷は1回の手術では改善せず、2回3回と手術を受ける人もいるため、手術をせず放置する方もいらっしゃいます。

TFCC損傷は放置していると関節運動に制限が出てしまったり、手首を捻る運動が出来なくなってしまうことがあります。

小山市周辺でTFCC損傷でお悩みの方は当院まで!

白鴎大前接骨院ではHV治療を使った除痛や手関節のモビライゼーションをおこない、肘から手にかけての前腕の筋肉を全体的に柔軟性を保持することで手関節へのストレスを軽減させることができ、自宅でできるストレッチや運動をおお教えします!!

また怪我をなどをしない体を作るためにインナートレーニングや骨盤矯正によるバランスを整えることができます!

症状によって治療方法は異なりますが、お困りの方はお気軽にご相談ください!全力でサポートさせていただきます!!

お問い合わせ

白鴎大前接骨院

0285-38-6886

外観

住所
〒323-0041
栃木県小山市大行寺1029-1

当院までの詳しいアクセス方法はこちら

受付時間